>特集>麻酔科の転職を考えている医師に知っておいて欲しいこと

麻酔科の転職を考えている医師に知っておいて欲しいこと

ウーマン

麻酔科医になるには

麻酔科医には、麻酔科専門医と麻酔科標榜医の2種類があります。麻酔科標榜医は、医師国家試験に合格した後、麻酔科専門医の元で2年間の研修を受ける必要があります。また、麻酔科専門医になるには、麻酔科標榜医になって、3年間の研修を行うと受験資格を得ることができます。そして、麻酔科専門医試験に合格すると麻酔科専門医になることができるのです。

麻酔科医が人気の理由

病院

給与が高い

麻酔科医は、他の医師に比べて基本的に給与が高くなっています。そのことが理由で麻酔科医になった人も数多くいるのです。

どの手術にも必要のため

どんな種類の外科手術でも、麻酔を使用します。そのため、どの手術でも麻酔科医は必要です。そして、麻酔科医の役割は、とても大きなものになっています。

やりがいが大きい

麻酔科医は、麻酔科標榜医から麻酔科専門医へとスキルアップが必要な医師です。そのため、やりがいが大きい職業でもあります。

責任が重大

麻酔科医は、いろいろな外科手術で必ず必要ですし、緊急手術でも必要です。全身麻酔は、リスクが高いため責任が重大です。

人の役に立ちたい

手術などが成功して、患者が良くなった時や、良くなって本人のみならず家族まで喜んでくれた時など、人の役に立つ仕事です。

転職に役立つ専門サイトがある!

転職サイトは数多くありますが、より転職に役に立つ麻酔科医専門の求人サイトもあります。

転職を考えてる麻酔科医からの質問

ハート

給与は上がるのでしょうか

転職したからといって、一概に給与が上がるとは限りません。

転職するにはどんなスキルが必要でしょうか

麻酔科医の求人で、麻酔科標榜医の募集などという求人もあります。

オンコールができないと無理でしょうか

麻酔科医にオンコールはつきものですので、難しくなるでしょう。

麻酔科医としての経験が少ない場合は

麻酔科医は、経験や実績が優先される場合があります。

コミュニケーション能力は必要ですか

手術の時など、外科医や看護婦などとコミュニケーションが必要です。

転職コンサルの手厚いサポート

求人サイトなどの転職コンサルタントは、転職先の紹介から、面接のセッティングや、給与の交渉まですべてサポートしてくれます。なぜなら、転職コンサルタントは、転職を成功させると転職先から報酬が入ってくる仕組みになっているからです。

常勤医師と非常勤医師の違い

常勤の麻酔科医

常勤の麻酔科医の場合は、いろいろな手術に必要とされます。また、オンコールなどにも対応しなければならないため、激務になる可能性があります。

非常勤の麻酔科医

非常勤の麻酔科医は、常勤に比べるとオンコールなどに対応しなくていい場合が多く、比較的に予定通りに勤務できるのでわりと自由に勤務できます。

広告募集中